{魔 法のヒント D}
 
世 界は宗教的な立派な神様が創ったにしては不完全すぎる。


しかし偶然の 産物にしては上手く出来すぎている。

ここで現実の 世界をTVゲームにあてはめて考えてみよう。

現在、僕達が 遊んでいるTVゲームは複雑にみえるが、プログラム内容は二進法の

(010001011000) というただの0と1の二つの数字の集合からできている。

同じように宇 宙も複雑にみえるが、

実際は本当に 簡単ないくつかの数式から成り立っている。


* アイン シュタインの相対性理論

* ニュート ンの万有引力

* フラクタ ル理論

* 量子論、 etc‥‥

 
そしてあとい くつかの数式が発見されれば、

大統一場理論 という宇宙のすべてを説明することのできる理論が完成する。

つまりもう少 しすれば宇宙のすべてが、

このいくつか の簡単な数式でなにもかも説明できるようになる。

TVゲームの プログラムを読むのと同じようにだ。

夢のような話 だが本当らしい。

科学が宇宙の 真理にたどり着くのはそんなに遠い未来ではない。

宗教や哲学よ り早いかもしれない。

しかし宇宙 は、TVゲームと違いプログラムをすべて解き明かしたとしても、

不確定性定理 のように粒子の状態に不確定性を含む為、

完全な統一場 理論を定式化させたとしても理論は予言能力を持たない。

つまり簡単に いうとパチンコと同じだ。

たしかに宇宙 は、ある法則に従って動いているが、

確定と不確定 さを同時に持っている。


「神はサイコロを 振る。」


偶然のケガや 病気、死に特別な意味などないということだ。

本当によくで きたゲームだ。

創った本人に すらゲームがどういう進行をするのか、

どういう結末 を迎えるのか分からない。

自己成長型の 究極のゲームだ。

こうじゃない と面白くない。

そうすると、 法則の存在やビッグバンはゲームの電源を入れただけの事だ。

その前は、無 い。

そして、この ゲームの未来は誰にも分からない。






<ブラウザの 「戻る」ボタンでお戻り下さい。>