{魔法のヒント E}

「法律、ルールを守るのは当たり前というのはどうしてなのだろう?」


創造主は、宇宙、地球、人間、を創ったが「善悪の基準」は作っていない。

大昔、人間がサルだった頃に「善悪の基準」なんてなかった。

「善悪の基準」を作ったのは人間だ。


罰を受けるべき悪いこと、良いことを区別する現代のルールは、

誰かが勝手に作ったものだ。

昔、みんなで決めたと言われても

私は、ルールを決める時には生まれていなかったし、賛成した覚えもない。

たまたま生まれた国の勝手なルールを無条件に守るように教育されてきただけだ。

法律に関しては悪法と分かっていても守るのが義務になってしまっている。


「なぜこうなったのだろう?」


いつの時代も誰かが勝手に、良いこと悪いことを決めている。

それぞれの国や時代で、

力を持っている者に都合の良いことが正義、都合の悪いことが悪だ。

 
* 封建主義の時代では武士に都合の良いことが正義。

* 軍国主義の時代では軍人に都合の良いことが正義。

* 資本主義の時代では金持ちに都合の良いことが正義。

* 民主主義の時代では多人数に都合の良いことが正義。

 
そうすると現代社会は民主主義、資本主義だから

金持ちか、より多くの人間にとって都合の良いルールが正義、都合の悪いことが悪だ。

当然、少数派や貧乏人の意見は抹殺される。

そして無理やりルールに従うように強制される。

上手く適応できなくてルールを守れない人間は

邪魔だから刑務所に閉じ込められるか死刑で殺される。


結局、一皮むけば人間社会も「弱肉強食」の動物社会と同じだ。

二十一世紀は数と金の暴力支配。

だから、ファーストクラス、スイートルーム、高級車、その他‥

色々しっかり差別されているだろう。

キレイ事や難しい屁理屈に騙されてはいけない。


日本には昔から「勝てば官軍」ということわざがある。

正義が勝つのではなく、勝ったものが正義ということだ。

国際社会で強い国のやっていることを見ればよくわかるだろう。


自然界も人間社会も基本ルールは「弱肉強食」


「善悪の基準」というのは、基本的にはこれだけのことだ。





<ブラウザの「戻る」ボタンでお戻り下さい。>